ビール酵母とは

ビール酵母とは

菌を見る

ビール酵母とはビールを造るときに必要となる微生物のことです。

麦芽をお湯で煮込んでできあがった麦汁にこの微生物を入れて発酵させることによってビールが出来上がりますが、この微生物は麦汁に含まれている栄養素を吸収して増殖していき炭酸ガスとアルコールを生成します。

発酵が完了してビールが完成した時点ではこの微生物には栄養分が豊富に含まれている状態です。

またこの状態の微生物からビールの苦味となる成分やアルコールを取り除いて乾燥させた物質をサプリメントとして配合しています。

ビールを製造するときにしかビール酵母は発生しないので、食材として直接食事から摂れることはほとんどありません。

ですので粉末状や錠剤、カプセル状にしたサプリメントという形で摂取するのが一般的です。

粉末状のサプリメントであれば栄養素を豊富に摂るために食事に加えて調理することもできます。

栄養

ビール酵母にはとても多くの種類の栄養分が含まれているのが特徴となっています。

特に人間の身体を構成している材料になるアミノ酸が豊富に含まれていて全体のおよそ半分ぐらいを占めるほどです。

他に衰えていた腸が正常に働くようにしてくれる食物繊維も豊富に含まれており全体のおよそ3割ぐらいを占めています。

ビタミン類としては疲労を回復させる働きがあるビタミンB群が含まれている量が比較的多いです。

ミネラル類の中では高血圧の症状を改善させる効果を期待することができるカリウムが含まれている量が比較的多くなっています。

これらの豊富な栄養分に加えてDNAやRNAなどといった核酸も豊富に含まれていて新陳代謝の働きを活性化させて身体の遺伝情報を伝達する作用があります。

更に免疫力を向上させたり抗酸化作用によって老化を食い止めたりする働きがあるグルタチオンエルゴステロールグルカンなども含まれています。

このようにビール酵母は非常に栄養分のバランスが整っているため健康や美容に役に立つサプリメントの主成分としても価値がある素材であるということが可能です。

指定医薬部外品

そしてサプリメントに加えて指定医薬部外品にも取り入れられています。

この指定医薬部外品を摂取するとビタミンB群が足りなくなることによって引き起こされる脚気や胃腸障害といった症状を予防したり症状を改善させたりする効果を得られるとされている訳です。

ビール酵母はビールを造るときに発生する副産物。

なので、サプリメントなどを製造するのにかかるコストが割合安価。

販売されているサプリメントは安い価格で買うことができるというのがメリットの1つになります。

栄養分のバランスを整えるために摂取するサプリメントの中にはローヤルゼリーやクロレラなどといった素材が主成分として配合されているものもありますが比較的価格が高いということが少なくありません。

これから栄養バランスを整えるためにサプリメントを摂取することを検討している人は比較的値段が安いビール酵母が主成分のサプリメントから始めるのがおすすめになります。