結婚式によくある悩み特集

結婚式によくある悩み特集

結婚式

結婚式は主役となる新郎新婦にとって、人生で最も大黄な意味を持つイベントだと言っても過言ではないでしょう。

そのように大事なイベントのことで後に後悔を残さないようにと、当事者には真剣に考えなければならないことが次々と出て来ます。

そのため本来であれば幸せな気持ちになるはずなのに、色々な悩みを抱えてしまうこともあります。

結婚式によくある悩みとしてまず挙げられるのが会場選びについてです。

国内海外

例えば場所に関して言えば、国内にするか海外にするかで迷います。

また国内に決めたとしてもお客さんが来やすい都市部にするか、自分たちがあこがれるリゾート地にするかで迷うと言ったようにです。

また規模に関して言えば、ホテルや専門式場のようなたくさんのお客さんを呼べるような大きな会場にするのか。

はたまたレストランのようなアットホームな雰囲気になる小さめの会場にするか、と言ったことで迷いがちです。

さらに二人の意見が一致していれば会場選びもまだしやすいのですが、意見が合わない場合には、そのすり合わせのためにも話し合いをする必要が出てきます。

会場選びで迷ってしまった場合には、まずは何を重視するかのポイントを二人の間で決めるところから始めると良いでしょう。

重視するポイントが決まれば、それに合った会場を情報誌や情報サイトなどで探したり、両親や先輩などの経験者にアドバイスをもらったり。

そのようにして自分たちの条件に合致した会場を絞って行くのです。

リスト

どういった人たちを招待すれば良いかという迷いも、多くの人たちが抱える結婚式についての悩みの一つです。

この問題は会場の規模にも関係して来るもので、特に小規模の会場で人数を絞らなければならない場合に生じやすくなります。

この場合にはまずは招待客の候補を決めて、親戚・友人・同僚などと言ったようにカテゴリー別にリストアップすると良いでしょう。

その次にカテゴリーごとに招待する人数の配分を決めて、絶対に呼びたい人・呼ぶべきだと思う人・できれば呼ぼうと思う人など、重要度によってさらにランク付けをします。

そうすると誰を招待すれば良いかの基準が明確になるので、話し合いによる選別がしやすくなるはずです。

ウェディングドレス

特に新婦となる女性によくある悩みが、ウエディングドレスの選び方についてです。

結婚式では人生で最も輝いた自分を、育ててくれた両親や仲の良い友人などに見せたいと言う気負いから、どんなウエディングドレスを着れば良いかで色々と迷ってしまうのです。

この場合には自分の主観的な好みを大事にするか、新郎を始めとする周囲の人の評価を重視するかが難しい選択になります。

ですが、自分の好みを無視してしまっては後で後悔することになりかねません。

そのため、まずはある程度自分の好みに合ったウエディングドレスの候補をいくつか決めておき、その中から新郎や家族などの意見を求めるようにすると良いでしょう。

ただ、ウエディングドレスには素材・シルエット・色など選択するべき要素が色々とあります。

ですので、漠然とですら決まらないのであれば、式場のスタッフなどの専門家に相談するのも良いかもしれません。

 

 

こちらの記事もオススメです→結婚式場選びで両家の意見が食い違った場合はどうするか