70歳のプレゼントにハンカチを選ぶ場合に注意するハンカチの柄

70歳のプレゼントにハンカチを選ぶ場合に注意するハンカチの柄

古希のプレゼント

長寿のお祝いでは、子供からお祝いされるということが一般的ですが、70歳の古希になると孫がいるという人も多くなり、孫も一緒におじいちゃんやおばあちゃんの長寿のお祝いをしてくれることがあります。

孫たちからも何かプレゼントを渡したいという場合、まだ小学生や中学生になるとそれほど高額なものを用意することは難しくなりますが、ハンカチであれば手頃な価格なので子供のお小遣いの中でも負担なく用意することができます。

ハンカチは、外出をするときには必要なアイテムとなり、たくさん持っていても重宝することになります。

高齢になると遊びに出かけることも減ってきてしまいがちですが、70歳にもなると定期的に病院に通っているという人も多いので、外出時に役立ててもらうことができます。

ハンカチ

ハンカチは、じつに豊富な種類があるので迷ってしまいますが、まずは一般的な綿の布タイプとタオルタイプの二種類から選んでみるといいでしょう。

タオルタイプでは、ふんわりとした肌触りがあって手を洗った後に拭くにも吸収力が高いことや、洗濯をして乾いた後にもアイロンをかける手間がないというメリットがあります。

一方、布タイプではズボンのポケットにもコンパクトに収納できることから、バッグを持って外出しない人も多い男性には向いています。

次に、どのようなデザインにするのかという選択肢がありますが、古希のお祝い用として贈るのであれば古希のラッキーカラーでもある紫を選んでみるといいでしょう。

還暦は赤い色がラッキーカラーということを知っている人は多くいますが、60歳から始まる長寿のお祝いにはそれぞれにラッキーカラーがあるのです。

紫色は70歳と77歳の喜寿にも使われることになるのですが、紫色は男性にも女性にも合う色味となります。

男性であれば、濃いめの紫色を選んでみたり、女性であれば柔らかい印象がある淡い色味が向いています。

鶴と亀

さらに、無地となるとさみしいので柄物が向いていますが、どのような柄にしようか迷ったら縁起物となる絵柄を取り入れたものがぴったりです。

長寿のお祝いでもあるので、いつまででも健康で長生きをしてもらいたいという願いを込めることになり、定番となるとなるのが鶴や亀です。

鶴は千年亀は万年と言われますが、鶴も長寿ではあるもののより長生きをしてもらいたい思いを込めてどちらかというと万年の亀がおすすめです。

しかし、鶴や亀はいかにも長生きを願った雰囲気で、70歳になってもまだまだ年寄扱いをしてほしくないという人にとっては、年齢を感じさせてしまうことにもなりかねません。

自然な形で長寿を願ったものを選びたいという場合には、木の年輪のような輪が重なったようなデザインの柄物を探してみるといいでしょう。

木の年輪に似ているバームクーヘンは、年輪のように二人でいつまでも仲良く過ごすことができるように願った結婚式の引き出物として人気がありますが、年輪のデザインはいつまでも長生きしてほしい古希にもぴったりです。

ハンカチを折りたたんでしまえば一部分しか見えないので違和感がなく、70歳でも若々しくおしゃれをしたい人には嬉しいギフトとなります。

 

おすすめの関連記事→古希のプレゼントする時のおすすめのハンカチ柄