両親の喜寿のお祝いにピッタリなプレゼントとは?

両親の喜寿のお祝いにピッタリなプレゼントとは?

両親

長寿を祝う年は60歳の還暦や70歳の古希などがありますが、これらは中国が発祥と言われています。

そんな中、77歳を祝うのが喜寿であり、これは日本が発祥です。

7という数字は縁起がいいと言われていますが、それが連なっている77歳というのは大変おめでたい年齢であり、昔は77歳まで生きていることはとても長寿でした。

そしてその長寿に対する尊敬と感謝を込めてお祝いが始まったのです。

寒冷の赤いちゃんちゃんこはとても有名ですが、喜寿にはどんな風習があるのかというと、です。

昔は紫はとても高貴な方にしか身につけられなかった色です。ですから、敬意を表して紫の物を贈るという風習ができたのです。

現代ではこうした長寿のお祝いには家族が集まって食事などをすることが多いです。

子や孫が集まる、自分を慕ってくれている時間というのはとても有意義で幸せを実感することができます。

毎日忙しくしている現代人にとっても、みんなが都合を合わせて集まる時間を作るというのもまたその家族全体が幸せに包まれます。

その際にプレゼントをすることも多いですが、両親が揃って喜寿を迎えられる場合には、二人に合わせたものを贈ると喜ばれます。

旅行券

特に多いのが旅行券です。

現代は77歳と言ってもとてもお元気な方々が多いです。両親揃って旅行に行けるというのもまた格別なプレゼントになるはずです。

日常生活では味わえない、ゆっくりとした贅沢な時間となることで改めて人生を振り返ることもできる時間となります。

子どもを育て、孫を慈しみ、自分よりも家族のことを第一に考えて生きてきた両親に満足してもらえるプレゼントになるはずです。

また、両親おそろいのものをプレゼントするのも喜ばれます。その際紫を基調にしたものなどだと喜寿のお祝いとして記念に残ります。

おそろいのお茶碗や湯飲み、パジャマ、スリッパなどもよいものです。

年齢的に仕事から離れて、家で過ごすことが多くなっていることも考えられるので、そうした家で使えていつも目に入るものというのは、いつまでもその時の喜びや感動を感じ続けることができます。

カタログギフト

何をあげたらいいのかわからない方や良心の好みがわからない場合にはカタログギフトなども良いです。

カタログに載っているたくさんの商品の中から好きなものを選んでもらう、その選ぶ楽しさ、自分で納得のいく欲しいものを得られるというのは現実的で満足してもらえる贈り物になります。

金額の幅もたくさんあるので、予算に合わせて贈りやすいのもメリットです。親は子どもが元気で自分の人生を精一杯生きている姿を見るのが何よりもの願いです。

もちろん品物はとてもうれしいですが、顔を見せて感謝を伝える時間を作る、楽しい時間を過ごすというのが何よりものプレゼントになるはずです。

喜寿などの長寿のお祝いはそうした時間を過ごせ、お互いの愛情や感謝を伝える良いきっかけになります。日本伝統の風習として今後も大切に続けていくべきことと言えます。

 

おすすめの参考記事→母親の喜寿祝いにピッタリなプレゼント5選