定年退職祝いの例文とマナー

定年退職祝いの例文とマナー

マナー

定年退職祝いを行うとき、プレゼントに手紙を添えたいと考えている方も多くいるでしょう。

では実際にメッセージを書く場合、何に注意したらいいのか把握しておくことも忘れてはいけません。

退職祝いで相手に不快な思いをさせないようにするためにも、例文を参考にするのも1つの手です。

例えば一般的な定年退職祝いの書き出しは「ご退職おめでとうございます」の一文です。

退職するということは、ビジネスの場から離れて新たな人生の門出となる場面です。

そのため新たな人生へと進んでいく方に、お祝いの気持ちを込めて手紙を書くようにしましょう。

書く

またお祝いの言葉だけではなく、今までの感謝やねぎらいの言葉を書きます。

お世話になった上司や先輩へのメッセージであれば、ビジネスにおける感謝の思いを伝えることが大切です。

一方でお父さんなど家族への定年退職祝いならば、家族を支えてくれたことへの感謝を言葉にするようにしましょう。

ねぎらいの言葉を手紙に添えるとき「ご苦労様」という一文を書く方も多くいます。

ですが「ご苦労様」という言葉は、定年退職祝いにおいては避けるのが無難です。

妻から夫への手紙なら別ですが、上司や先輩へのメッセージだと失礼に当たります。

実は「ご苦労様」は、目上の方からかけてもらう言葉なので年下からのメッセージだと不快な思いをさせてしまうこともあるので注意が必要です。

感謝やねぎらいの言葉に加えて、相手の将来に触れる言葉を書くのも1つの手です。

定年退職を迎えたとしても、次のチャレンジへ向かって動き出すという方もいます。

そのような別のステージへと進む方へのメッセージであれば、「これからの活躍を期待しています」と書くようにしましょう。

余生を家族で過ごす方なら、「これからも家族で仲良くお過ごしください」と添えることも可能です。退職される方の今後の状況に応じて、ふさわしい文章を書くことが大切です。

定年退職祝いは多く書くものではないため、どのような文章にしたらいいのか迷ってしまう方も多くいます。

例文

書く内容がわからない場合には、例文を参考にするのも1つの手です。

ですが例文をそのまま書くのではなく、自分の思いを文章に込めることを忘れてはいけません。

自分の言葉で相手への気持ちを文章にすることで、感謝の思いが伝わりやすくなります。

また手紙を書くときには、パソコンで書いて印刷するのではなくなるべく手書きにしましょう。印刷した文章よりも、手書きのメッセージのほうが相手に思いが伝わりやすくなります。

実際に定年退職祝いの手紙を渡す場合には、どのような日を選べばいいのでしょうか。基本的には、退職の日の前に渡しておくのが一般的です。

退職当日に会う予定があるのであれば、その際に渡すのも1つの手です。また退職した日や後日に、送別会が開かれることもあります。

送別会の際に退職される方に会う予定があるならば、その日にメッセージを手渡すことも可能です。